1. トップページ
  2. 検定試験ご案内
  3. ドイツ語技能検定試験(独検)

ドイツ語技能検定試験(独検)

1992年開始、日本語母語話者のための試験で、これまで33万人が出願しています。ドイツ語はドイツのみならず、オーストリア、スイス、リヒテンシュタインなどでも公用語として使われています。
認定団体:財団法人ドイツ語文学振興会

各級のレベルと内容

5級 (Elementarstufe)

レベル
  • ・初歩的なドイツ語を理解し、日常生活でよく使われる簡単な表現や文が運用できる。
  • ・挨拶の表現が適切に使える。自分や他人を簡単に紹介することができる。
  • ・広告やパンフレットなどの短い文の中心的な内容が理解できる。
  • ・必要に応じて簡単な数字やキーワードを書き取ることができる。
対象 ドイツ語の授業を約30時間(90分授業で20回)以上受講しているか、これと同じ程度の学習経験のある人。
語彙 550語
試験形式 筆記試験 40分
聞き取り試験(一部書き取り含む) 約20分

4級 (Anfängerstufe)

レベル
  • ・基礎的なドイツ語を理解し、初歩的な文法規則を使って日常生活に必要な表現や文が運用できる。
  • ・家族、学校、職業、買い物など身近な話題に関する会話ができる。
  • ・簡単な手紙や短い文章の内容が理解できる。
  • ・比較的簡単な文章の内容を聞き、質問に答え、重要な語句や数字を書き取ることができる。
対象 ドイツ語の授業を約60時間(90分授業で40回)以上受講しているか、これと同じ程度の学習経験のある人。
語彙 1000語
試験形式 筆記試験 60分
聞き取り試験(一部書き取り含む) 約25分

3級 (Grundstufe)

レベル
  • ・ドイツ語の初級文法全般にわたる知識を前提に、簡単な会話や文章が理解できる。
  • ・基本的なドイツ語を理解し、ほとんどの身近な場面に対応できる。
  • ・簡単な内容のコラムや記事などの文章を読むことができる。
  • ・短い文章の内容を聞き、簡単な質問に答え、重要な語句や数字を書き取ることができる。
対象 ドイツ語の授業を約120時間(90分授業で80回)以上受講しているか、これと同じ程度の学習経験のある人。
語彙 2000語
試験形式 筆記試験 60分
聞き取り試験(一部書き取り含む) 約30分

2級 (Mittelstufe)

レベル
  • ・ドイツ語の文法や語彙についての十分な知識を前提に、日常生活に必要な会話や社会生活で出会う文章が理解できる。
  • ・やや長めの文章の主旨を理解し、内容についての質問に答えることができる。
  • ・具体的・抽象的なテーマについてのインタビューや短い記事の内容を聞き取ることができる。
  • ・短いドイツ語の文を正しく書くことができる。
対象 ドイツ語の授業を約180時間(90分授業で120回)以上受講しているか、これと同じ程度の学習経験のある人。
語彙 3000語
試験形式 筆記試験 80分
聞き取り試験 約30分

準1級 (Oberstufe)

レベル
  • ・ドイツ語圏の国々における生活に対応できる標準的なドイツ語を十分に身につけている。
  • ・新聞などの比較的複雑な記事や論述文などを読むことができる。
  • ・自分の体験などについて詳しく話し、社会的・実用的なテーマについて口頭で自分の考えを述べることができる。
  • ・比較的長い文章の要点を聞き取り、短いドイツ語の文章を正しく書くことができる。
対象 ドイツ語の授業を数年以上にわたって継続的に受講し、各自の活動領域においてドイツ語に習熟しているか、これと同じ程度の能力のある人。
語彙 5000語
試験形式 一次試験/筆記試験 90分 聞き取り試験 約35分
二次試験/ドイツ語を母語とする人および日本人による口述試験
  • ・形式: 会話形式(写真素材使用)
  • ・時間: 約7分
  • ・審査対象: 発音とイントネーション、文章構成能力、描写能力、コミュニケーション能力

1級 (Höchststufe)

レベル
  • ・標準的なドイツ語を不自由なく使え、専門的なテーマに関して書かれた文章を理解し、それについて口頭で意見を述べることができる。
  • ・複雑なテーマに関する話やインタビューの対話などの内容を正確に理解できる。
  • ・複雑な日本語の文章をドイツ語に、ドイツ語の文章を日本語に訳すことができる。
対象 数年以上にわたって恒常的にドイツ語に接し、十分な運用能力を有する人。
語彙 制限なし
試験形式 一次試験/筆記試験 120分 聞き取り試験 約35分
二次試験/ドイツ語を母語とする人および日本人による口述試験
  • ・形式: 提示されたリストから一つのテーマを選び、それをめぐっての質疑応答
  • ・時間: 約13分
  • ・審査対象: 発音とイントネーション、文章構成能力、テーマに即して意見を述べる能力、コミュニケーション能力

各検定試験
開催スケジュール