ミールカード1日1,000円プランを体験してみました! 体験レポート

赤太枠はミールカードでの食事です。
※2016年12月現在の販売価格です。

工学部機械知能工学科
機械情報コース
新3年 豊原 涼太

初めてミールカードを使ってみて最初に思った事は、ちゃんと食堂でご飯が食べられるということです。普段、食事は面倒だから適当になりがちなのですが、ミールカードがあると食堂に行かないといけない義務感みたいなものができて自然と食堂にいくようになりました。きちんと食事をとると、授業も集中できて、朝も起きられて良かったです。

水産学部増殖生命科学科
新3年 古川 嵩恭

体験してみてわかったミールカードの利点は、学生証があるだけで毎日一定額の食費を使うことができるので、毎日しっかりご飯を食べることができました。今回は現行プランの限定額1,000円での体験でしたが、食堂で3食しっかり食べようと思うと物足りなく、もう少し限度額が使えるといいかなぁと思いました。そういう点では、今年からは1,200円プランができたので、3食しっかり食べることができると思います。自分の食生活が心配だなと思う人にとってはミールカードはありがたいシステムかと思います。

工学部情報エレクトロニクス学科
メディアネットワークコース
新3年 福田 修登

ミールカードを使っている間は食事に安心感がありました。ミールカードがあれば食堂で2食きちんと食べられる。この安心感はありがたいものでした。また普段の自炊では野菜は高くなかなか自分から買いません。ミールカードはその日使える金額が決まっているので野菜の小鉢をとりやすく、普段より健康的な食事が楽しめました。

親御さんの声

  • 「お金がなくなったので、お願いします」とメール。「ご飯食べてるの?」と母送信。「めしはミールカードがあるから大丈夫」と息子。「食べるものだけきちんとしていれば、ま、いいか」と母まずまず安心。これがミールカードのいいところです。
  • いつまでも子ども扱いのようではじめは躊躇していましたが、使ってみて、マイページの利用履歴を見ると安心します。親の安心のつもりで利用するといいですよ。ホントに!
  • Web上のマイページより、どの時間帯に何を食べたのかが分かりますので、料理をしたことがなかった息子が一人暮らしをしていてもとりあえず毎日しっかりした食事をしていることが分かりますので、安心できます。
  • 大学一年目は自炊でがんばると言っているわが子を信じて任せましたが、結局部活にも入り、時間が無く、外食で好きなものばかりの食生活になりとても心配になりました。子供の先輩たちの話でミールカードにして、色々なものを食べている履歴を見て安心しています。特に運動部の男子にはおすすめと思います。
  • 最初あまりに高額で”ビックリ”しますが本当に楽だし安心です。電車の定期券みたいなものだと思っています。特に男の子におすすめです。鍋、釜、おたま、すべて不要です。(日・祝日はいりますが(笑)
  • 4年間ミールカードには、本当にお世話になりました。男の子なので、ほとんど実家には連絡もしてこなかったのですが、この履歴を見ることで、ちゃんと食べてるかということだけでなく、「元気にしてるんだなあ」とか「毎日ちゃんと大学へ行ってるんだなあ」ということまで分かり安心でした。ミールカードのおかげで息子は、4年間毎日ちゃんと食事を取ることができていたのだと感謝しています。
  • 「ご飯ちゃんと食べているかしら…」と絶対心配になります。ミールカードがあれば、マイページで利用履歴を見ることができるのです。遠く札幌で我が子が食した内容がよく分かり、ホッと、うれしくなりますよ。お金では買えない安心感を、いつもありがとう!と思っています。

PDFダウンロード 申込みはカンタン! 申込書(PDF)をダウンロードし、印刷してご記入ください。記入した申込書をもって、申込されるプランの費用を食堂でお支払いいただければ申込完了です。