ミールカード1日1,000円プランを体験してみました! 体験レポート

赤太枠はミールカードでの食事です。
※2017年12月現在の販売価格です。

1人暮らし〈900円コース〉
理学部 地球惑星化学科
新3年 伊藤 凌

朝ご飯は余裕があればご飯を炊いておいて食べます。平日の5日間のうち3日くらいは朝ご飯を食べてから出かけます。 お昼はほぼ学部の購買でパンとかおにぎりとか買ってますね。夜は日によりますが、自炊したり、外食したりします。

ミールカード体験をしてわかったことは、何よりも便利だということですね。大学に通っている平日なら、すぐに大学構内の食堂でごはんが食べられるのでとても便利でした。 今回の体験期間では、たまたま朝ご飯は食べることができていますが、もし食べ忘れても、しっかりと食堂で補えるだろうなと思いました。おなかがすかないときでも、ドリンクを買うことができるので、使い切ることには苦労しにくいですね。

学生会館生〈900円コース〉
総合理系
新2年 原 拓也

時間のない時は朝食を食べないこともありますが普段は朝・夕を学生会館、昼は食堂で食事を取っています。 学生会館ではあまり本格的な調理ができないので食事が休みの時はコンビニ弁当やインスタントで済ませる事が多いですね。 他にはサークルがある時に週1回くらいの頻度で外食しますが食費を気にして野菜をあまり取らないのが課題だと思います。

ミールカードを体験してみた結果、栄養に気をつけようとする意識が高まりました。いつもなら食事代を気にしてメイン一品だけで済ませていた所にもう一品自然と手が延びるようになります。 また 元を取ろうと限度額いっぱいまで使おうとするので欠食する事が減り生活が乱れにくくなると思います。900円コースだと朝食と昼食をバランスよく食べるのにちょうど良いと感じました。

自宅生〈500円コース〉
経済学部
新2年 原田 佳子

私は主に昼食をとるときに食堂を利用します。 いつも予算を気にしてしまうので、栄養バランスのことまであまり考えることができず、少し栄養の偏った食事になってしまいます。

ミールカードを体験して思ったのは、手持ちのお金を気にせずに栄養あるご飯を食べられるということです。 私は今回、500円コースを体験しましたが、いつもの食事に小鉢等をプラスすることができたので、バランスのよい食事をとることができました。

親御さんの声

  • 一日一食は確実に保証されます。その使い方は自由です。うちの息子は、アパート暮らしですが、炊いたご飯持参で全額分の“おかず”を食べているようですよ。オススメです。
  • 遠方では子供の食生活が心配でしたが、Web上で利用履歴が確認できたので、助かりました。栄養バランスも表示されるので、すごく親切なシステムだと思います。
  • なかなか連絡が取れない時も、利用履歴を 確認することで、きちんと学校へ行っているんだなと安心できますし、栄養面の確認もでき、とてもありがたいです。
  • 一日一食、確実に栄養のある食事が食べられるのと、食べられないのとでは、生活も大きく違います。
  • マイページの利用履歴を見て、“毎日大学に行っていること”、“きちんとバランス良く食べていること”がわかり、購入価格には親の安心感も含まれているように思います。おいしそうなメニューでうらやましい日もあります( 笑 )。
  • 生協のマイページで、いつ、どこで、何を食べたかが確認できるので、マメに連絡が取れなくても、ちゃんと大学に行っているんだなとわかり安心できます。だいたい元は取れるのでオススメです。
  • 初めての一人暮らしで心配は色々あるけど、その中でも食事の心配もかなり大きいものでした。ミールカードは、最初はどんなものか1年間ためしに使用してみようという感じでしたが、今ではなくてはならないものに…。本人も自炊とミールカードを上手に使ってやっているようです。

PDFダウンロード 申込みはカンタン! 申込書(PDF)をダウンロードし、印刷してご記入ください。記入した申込書をもって、申込されるプランの費用を食堂でお支払いいただければ申込完了です。